薬剤師が転職する上でのコツは? | 薬剤師求人サイト・転職エージェント比較2020年最新おすすめ全国版 | ファマコネ

あなたにおすすめの薬剤師求人サイトを診断
        

薬剤師が転職する上でのコツは?


薬剤師は、転職の選択肢が多くあります。
転職のポイントが、自分にとって働きやすい環境であるのか、やりがいのある業務内容なのか、給料の面でのレベルアップなのかによって選択肢も変わってきます。

薬剤師の資格を生かせる職場としては、病院などの医療機関の処方箋を取り扱っている調剤薬局のほかに、ドラッグストア、製薬会社、保健所、警察、大学などの学校があります。
薬剤師が医療機関や調剤薬局などでおこなうのは、薬の処方や管理がメインです。

しかし、ドラッグストアで努めた場合は、薬剤師の仕事は、客から症状を聞き、市販薬の中から症状に合う製品を選択して、薬の効能や使用法や副作用などについての説明をします。
それだけではなく接客やレジ、商品の品出し、値札の貼り付けまで、ドラッグストアでは店員としての役割もこなしていかなければなりません。

また、製薬会社などで働くとなると、新薬の開発や薬の研究が仕事になります。
薬剤師が転職する上でのコツは、薬剤師としての仕事の内容を細かく確認しておくことです。

薬剤師の転職で失敗する例の多くは、薬剤師として実際の仕事内容を聞かずに転職したケースです。
ドラッグストアに転職して失敗した例として、薬剤師として転職したはずなのに、普通の店員としての仕事が多く薬剤師としての役割が少ないというケースです。

薬剤師として転職したとしても、何をやらなければならないのかは確認しておくのは当然のことです。
給与体系の確認、薬剤師の平均給与などを調べておくこともポイントです。

また、薬剤師として働くとしても、正社員、派遣社員、パートなど働き方はさまざまです。
待遇や給与、働き方まで、どのような働き方を選択したとしても、メリット・デメリットがあります。

自分にとって、どの働き方が1番合っているのかをよく考えて転職先を決めましょう。
当たり前の事ですが、パートとして転職をすれば、ボーナスは支給されません。

年収アップを目的に転職をしたとしたら、これでは働いているうちに不満ばかりが貯まっていきます。
どの勤務形態で働くのかという選択は、仕事を続けていくのに非常に重要なポイントです。

薬剤師として転職する目的は何なのかを考慮して、ライフスタイルにあった選択をしなければなりません。


薬剤師のための人材会社おすすめ3選