薬剤師の転職、ベストタイミングはいつ?時期・年代別まとめ | 薬剤師求人サイト・転職エージェント比較2020年最新おすすめ全国版 | ファマコネ

あなたにおすすめの薬剤師求人サイトを診断
        

薬剤師の転職、ベストタイミングはいつ?時期・年代別まとめ


現在の職場を変えるタイミングによって、求人数や競争率にも変化があることをご存じでしょうか。転職時期を見誤ると次の職場が見つからないことにもなりかねません。

誰もが気持ちよく最後まで仕事をこなし、次の職場へスムーズに転職できるようにしたいと考えているのではないでしょうか。ここでは、薬剤師の転職時期としてベストなタイミングはあるのか、時期別・年代別に詳しく解説していきましょう。

薬剤師の転職成功の近道は自分にあった求人探しから
あなたにぴったりの求人がみつかります

かんたん30秒 まずは無料で相談


薬剤師の募集が多くなる時期とは?

まずは薬剤師の求人が多くなる時期を月別で解説していきましょう。現時点から少し先の予定を見越して転職活動や退職の意志を伝えることが、募集の流れにのるポイントです。求人内容を見定める期間でもあるので、薬剤師の転職期間には余裕をもつことを心がけましょう。

まず新年から3月までの期間には、4月入社の新卒や退職者の補填などが行われ、節目に向けた求人が多くなります。また、冬のボーナスを受け取った後に転職する人も多くなるため、幅広い層で本格的な採用を始める企業が増える時期です。転職先に4月1日付で入社するとボーナス支給対象になる企業も多いことから、求職者も多く倍率は高めになります。

6月から7月、12月はボーナスが支給される時期です。ボーナスを受け取ってから辞めたい人は退職の意志を伝えるタイミングや、引継ぎ等を含めた次の就業先の勤務スタート日に目途を立てて行動しなければなりません。中にはボーナスを諦めて、他の転職者に先駆けて転職活動を行う人もいます。

4月から5月、8月から11月は転職市場も落ち着きをみせますが、職場が合う合わない問題などでポロポロと求人はみられます。決して活発な時期ではありませんが、望みは捨てない方がいいでしょう。この時期は自分で探すとしても、なかなか薬剤師求人が少なく焦りを感じるかもしれません。薬剤師専門の転職エージェントなどを利用して、スカウトを待つのも1つの方法です。

やっぱり募集が多い時期を狙うメリット・デメリット

薬剤師が転職する時期としては、ピークを外した転職活動がライバルも少なく、一見有利に考えられます。しかし募集が多い時期を狙う方が転職には有利に働くことも。まずはメリットとデメリットを把握して、自分に最適な転職タイミングを見直してみましょう。

薬剤師の募集が多い時期を狙うメリットは、
・勤務条件交渉がしやすい
・企業を比較し、より最適な就業先を見つけられる
ことにあります。

募集が多い時期は、基本的に企業でも人員不足になっています。今か今かと新しい人手を待っている状態です。各企業では人材確保ができないことがないように、収入を引きあげて募集を募る企業もあります。

そのため、求人情報の収入や福利厚生など比較できる状態が整い、企業を見る目を養うことが可能になります。

逆に募集が多い時期を狙うデメリットは、必然的にライバルが増え、採用倍率が上がることです。いくら薬剤師に需要があっても、転職先は数社を絞り込んでおいた方がいいでしょう。

年齢も転職のタイミングに重要なポイントのひとつ

転職の際には、時期だけではなく年齢も転職成功の鍵になってきます。それぞれ、どういった募集の傾向があるのかをご紹介します。

まず20代の場合は、転職先でも歓迎されることが多いです。

  • 長く勤務してもらえる
  • 固定観念がなく柔軟性がある
  • 自社教育を吸収してもらえる

といった印象が強いため、比較的採用担当者の印象も悪くありません。

薬剤師の募集の多さ ★★★★☆
応募のしやすさ ★★★★☆
受かりやすさ ★★★★☆

年齢制限がかかっている募集もパスできる年代ですので、募集も多く応募しやすい状況があります。志望動機や退職理由がしっかりしていれば、試験や面接もパスできる可能性は高いでしょう。

30代では、さらに経験を積んだ薬剤師が多いため、即戦力として期待できることから募集も多いです。募集先と同種の勤務経験があれば、さらに応募しやすく受かりやすい状況が見込めます。

薬剤師の募集の多さ ★★★★★
応募のしやすさ ★★★☆☆
受かりやすさ ★★★★☆

ただし女性は、この時期の転職に慎重にならざるを得ない状況も増えてきます。結婚による引っ越し、出産、育児などが重なる予想ができるからです。応募した企業の残業量や育休などの確保状況もチェックしておきましょう。

40代以降になると、管理薬剤師などの経験値を必要とする求人が増えてきます。全体的に求人数は少なくありませんが、募集はパートなどが主流になっていき、正社員としての採用率は高くありません。

薬剤師の募集の多さ ★★★★☆
応募のしやすさ ★★★★☆
受かりやすさ ★★★☆☆

転職をするタイミングとしては、経験を積み、新たなチャレンジにも対応できる40代前までに考えるのがベストです。50代になれば薬剤師の平均年収は下がってくる傾向がありますので、タイミングをみながら転職意思を固めておいた方がいいのかもしれません。

ベストタイミングなんて待ってられない!そんなときどうする?

転職をしたいと考え始めれば、何カ月も先の求人を待つことも難しい場合もあるでしょう。特に激務が多い薬剤師は、体力的にも精神的にも、限界が近いケースも多いです。

「転職したい」と考え始めたら、まずは自分のスキルを棚卸し、今の自分に何ができるのかを可視化させましょう。また、現職の労働条件と理想条件を並べて書き出して転職先を探す材料にしてください。

今の職場で働きながら、できるだけ早く転職先を見つけたい場合には、転職エージェントなどを上手に利用するのがおすすめです。リストアップした条件を元に転職エージェントへ登録し、情報に合わせて勤務エリアや年収、福利厚生などの中から最適な企業を紹介してもらうことができます。

転職エージェントを利用することで、

  • 自分に合ったペースで求人を探せる
  • 薬剤師専門なので探す手間が省ける
  • 不安なときはエージェントに質問もできる
  • 仕事を切らさずに転職活動ができる
  • エリア、収入などの検索条件で求人を絞り込める

といったメリットもあります。忙しい毎日の中で転職を検討するなら、まずは登録から始めてみてもいいでしょう。

タイミングの見極めが大事!

薬剤師の転職時期は、募集が多い時期を見極めることが大切です。また、年代によっても転職に踏みきるターニングポイントに変化があります。いつ転職のタイミングがきてもいいように、まずは転職エージェントの登録をして、日頃から求人のチェックを怠らないように心掛けましょう。


薬剤師の転職成功の近道は自分にあった求人探しから
あなたにぴったりの求人がみつかります

かんたん30秒 まずは無料で相談