薬剤師は高収入? | 薬剤師求人サイト・転職エージェント比較2020年最新おすすめ全国版 | ファマコネ

あなたにおすすめの薬剤師求人サイトを診断
        

薬剤師は高収入?


一般的なイメージで考えますと、薬剤師は高収入と思っている人は多いはずです。
しかし、薬剤師の転職先として高収入ではない勤務先と言われているのが病院です。

2006年度入学から薬剤師になるには、6年制の大学に進学しなくてはならなくなりました。
薬剤師は新卒の年収で考えますと、比較的高収入となり、職業としては注目されています。

しかし、昇給の幅は小さいので、生涯賃金で比べた場合はほかの職業と大して変わらないというケースもみられます。
薬剤師として、高収入を目指す場合は、病院よりも薬局に勤める方が正社員、アルバイト、パート、共に給与は高くなります。

薬局に勤めるというだけでなく、薬剤師が不足している地方の薬局に勤務すると高収入になると言われています。
地方では薬剤師が必要な地域が多くあり、ただでさえ高齢化が進んでいる日本の中でもさらに高齢化が進んでいるので需要も高くなっています。

ですから、地方の状況によっては、はじめから年収が700万円~800万円というケースがみられます。
また、個人ではなく業績の良い企業経営の薬局に勤めることで高収入を目指せます。

最近では、多くの企業経営の薬局が統合しています。
統合によって大企業となったところに就職すれば、業績が伸びていくことによって高収入を狙うことも可能になります。

薬剤師としての能力を伸ばしていくことは当然条件として必要になりますが、30代で年収1,000万円を超える可能性は出てきます。
このような薬局では、教育システムや昇進システムも充実しているところが多いので、薬剤師として高収入を得ながらキャリアアップもしていきたいという人に向いています。

どうしても病院に勤めながら高収入を目指したいという薬剤師は、国公立病院の薬局に勤めると高収入になる可能性があります。
昇進システムなどが、大手企業の薬局と同じように充実していることもあって、長く勤めれば高収入が期待できます。

なお、大手製薬会社に勤務するということが、結果的には一番高収入につながるとも言えますが、難易度は高くなります。


薬剤師のための人材会社おすすめ3選