薬剤師の在宅業務・在宅勤務の仕事の探し方 | 薬剤師求人サイト・転職エージェント比較2020年最新おすすめ全国版 | ファマコネ

あなたにおすすめの薬剤師求人サイトを診断
        

薬剤師の在宅業務・在宅勤務の仕事の探し方


在宅業務ありの薬剤師の仕事というと、なかなか思い浮かびませんが、最近注目され始めている仕事のひとつです。
薬剤師の在宅業務としては、患者宅に訪問しての薬剤管理指導、電話やメールの対応、輸入医薬品の翻訳などさまざまです。

募集している会社などによって、仕事内容は変わってきます。
在宅業務を担う薬剤師は、今の日本が抱えている高齢化社会の問題に関して重要な存在になります。

薬剤師の転職成功の近道は自分にあった求人探しから
あなたにぴったりの求人がみつかります

かんたん30秒 まずは無料で相談


在宅薬剤師の仕事とは?

現在は、高齢化社会にともなう医療費増大を懸念しており、高齢者の医療費抑制のために在宅治療を推進しています。
薬剤師の在宅業務のひとつとして、在宅医療があり、薬剤師が訪問して、服薬の指導や説明や管理をおこなうというわけです。

この業務は、とくに自分で薬局に行くことができないような患者にとって、とても重要です。
また、このような在宅業務では、患者の本音が聞けることが多く、その本音に対する適切なアドバイスによって病状が回復することも多くみられます。

薬剤師としての意見によって、病状悪化を防げたり、早期回復への手助けができたりすることはやりがいにつながります。
電話やメールの対応業務としては、医師や消費者から薬品に関する質問、疑問などに回答するという仕事になります。

そのほかに輸入医薬品の翻訳作業というのは、英語で記載されている説明書を日本語に訳す仕事ですが、薬剤師の知識やスキルを生かすことができます。
このような薬剤師の在宅業務ありの求人を見つけようとしても、在宅業務という形では求人情報がない場合があります。

在宅業務ありの薬剤師求人について

調剤薬局の求人情報の中に在宅業務ありと記載されている場合が多くみられます。
年収に関しては400万円~500万円となっています。

在宅薬剤師にはメリットたくさん!

在宅業務ありの薬剤師として働く場合のメリットとしては、子どもがいる薬剤師は、子どもとの時間が長くとれるようになり、成長を見ることが出来るようになれます。
調剤薬局では扱うことのない器材や薬などにも対応する必要はありますが、家庭と仕事とを両立できるようになるということに、多くの薬剤師は魅力を感じています。


薬剤師の転職成功の近道は自分にあった求人探しから
あなたにぴったりの求人がみつかります

かんたん30秒 まずは無料で相談