武田薬品工業株式会社のお仕事体験談・評判・口コミ(求人情報あり) | 薬剤師求人サイト・転職エージェント比較2020年最新おすすめ全国版 | ファマコネ

あなたにおすすめの薬剤師求人サイトを診断
        

武田薬品工業株式会社のお仕事体験談・評判・口コミ(求人情報あり)


武田薬品工業株式会社は、日本の製薬会社での売上高は1位で、連結売上高の約9割を医療用医薬品が占め、消化性潰瘍治療薬、制癌剤等を主力製品とします。

自力だと探すのが難しい製薬会社求人もみつかります
企業で活躍したいあなたにあった求人を無料で提案してくれます

かんたん30秒 まずは無料で相談


武田薬品工業株式会社の基本情報

正式名称:武田薬品工業株式会社
本社所在地:東京都中央区日本橋本町二丁目1番1号
電話番号:03- 3278- 2111
事業内容:医薬品等の研究開発・製造・販売・輸出入
公式サイト:https://www.takeda.com/ja-jp/

武田薬品工業株式会社でできる仕事内容

<新卒採用>
●研究職(ファーマシューティカル・サイエンス)
医薬品開発での治験原薬の合成・技術・工業化研究(PC)
医薬品開発での治験薬の開発分析、物性/プレフォーミュレーション研究(AD)
●研究技術職(ファーマシューティカル・サイエンス)
バイオ医薬品のプロセス開発、分析法開発、スケールアップ研究および治験原薬製造(BPPD)
医療用医薬品の製剤設計研究者(DPD)
●開発職
ファーマコビジランス職
薬事職
臨床開発職
●研究技術職(ワクチン)
ドラッグサブスタンス・デベロップメント(DS):ワクチンの原薬製造プロセス開発研究者
ドラッグプロダクト・デベロップメント(DP):ワクチンの製剤製造プロセス開発研究者
アナリティカル・デベロップメント(AD):ワクチンの分析法開発研究者
●MR・総合職
医療用医薬品に関する情報の提供・収集・伝達

<勤務地限定制度>(MR・総合職のみ)
医療用医薬品MR職志望の人で、出身地や大学所在地等の地元で地域医療に貢献したいという志を持った、地元での就職を希望される新卒採用者を対象とした勤務地限定制度を設けています。

<キャリア採用>
キャリア採用については、募集中の職種検索や募集要項について、以下のサイトで検索ができます。
https://www.jp.takedajobs.com/

求人情報

<給与>(2018年度 実績)
博士了:月給298,000円
修士了:月給264,000円
学部卒:月給240,000円

<諸手当>
通勤交通費、借家補助費、時間外手当など

<福利厚生>
寮、社宅、住宅資金融資、財形貯蓄、従業員持株会、契約保養所など

会社の特徴やはたらく人の雰囲気

日本の製薬企業のリーディングカンパニーとして、「消化器疾患領域」「オンコロジー領域」「中枢神経系疾患領域」でより貢献を目指すほか、iPS細胞研究所との共同研究も始め、新しい治療の選択肢を提供することをターゲットに、多くの研究プログラムを実施しています。

ワクチン部門でも、世界で最も困難といわれるデング熱、ジカ熱、ノロウイルス、ポリオなどの感染症対策のため、新しいワクチン開発に取り組んでいます。

同社のMRは、2014年4月から、医療関係者からのニーズの多様化に応えるとともに、専門性をより一層高めることを目的に、一人のMRが全ての製品を担当するジェネラルMR体制から領域制MRへシフトしました。

同社独自のMR育成プログラムを通じ、高い知識を持ち、領域専門医とさらに専門的なディスカッションができるMRを育成するなど、同社のMRは進化し続けています。

武田薬品工業株式会社で働いた・利用したことがある人の口コミ・体験談

弊社は一言で言えばとても活気溢れる会社です。若い層が多く、風通しも良いことからどんどんと前向きにチャレンジしていく方々が多いことで評判です。また、医薬品情報提供を行う際には、MS(医薬品卸)様との共同作業となっておりますので、病院・薬局での情報交換は密に行っております。よって、病院(Dr・看護師)・薬局(薬局長)だけでない人間関係を広める事が可能です。そのおかげもありまして、とある支店のAさん(個人情報の為控えさせて頂きます)は医薬品卸様の方と幸せになられたとのことです。もちろんそういった発展する為のきっかけも場所にもよりますが多くあります。仕事もプライベートも充実した生活を送ることが出来る弊社はとても良い環境であると自信を持ってお伝えすることが出来ます。
(男性・20代・営業員(MR))

私は自身の大学卒業後、数年間他大学の研究所にて実験補助員として勤務しており、その後武田薬品で少しの間研究のお手伝いをさせていただきました。まず、大学しか経験したことのない私が驚いたのは、他の社員さんのコミュニティ能力の高さです。そのため、会議も円滑に、また有意義に進み、話が煮詰まったとしても無駄な時間は無く、実のある会議でした。また会議だけでなく普段の仕事のやり取りにおいても、必要なことを回りくどくなく端的に分かりやすい話されますので、こちらも混乱することなく、気持ちよく仕事がをすることができました。また、実験のキットや機器類も充実しており、実験する人のスキルによってあまり結果が左右されないよう、工夫されていました。また数も充分あるので、他の人と使用時間を競合するようなこともありませんでした。私自身は、実験作業がスピーディな方ではなく、また焦ると失敗しがちなので、このことは大変助かりました。
(女性・30代・主婦)


薬剤師のための人材会社おすすめ3選