薬剤師の転職時の面接はスーツ?それとも私服? | 薬剤師求人サイト・転職エージェント比較2019年最新おすすめ全国版 | ファマコネ

おすすめ人材会社3選
        

薬剤師の転職時の面接はスーツ?それとも私服?


薬剤師の制服と言えば白衣がお約束! ……ですが、面接時に白衣を着る必要はもちろんありません。職場では白衣を着ているものの、初めての転職や久々の転職といった場合には「面接」自体が遠い記憶で、何を着て行っていいのか悩む人もいるかもしれません。どうせ職場では白衣を着るのだし、面接にはラフな服装で行ってもいいの? それともリクルーター並みにスーツ?

この記事では、薬剤師の面接時の服装、基本のキのほか、薬剤師の転職ならではの面接時に気をつけたいポイントを指南します。

薬剤師の面接に着ていくのはスーツ?それとも私服?

職種や職場によって面接の服装が異なるのは周知のとおりです。例えば、パートやガテン系の仕事の面接にリクルーター並みのスーツで伺うことは場違いであるし、クリエイティブ系や販売の仕事ならセンスの良いラフな感じで面接に行っても問題ないし、逆に固い会社の面接にジャージで行ってしまったらその場で門前払いになります。では、薬剤師の面接は何を着ていくのがベストなのでしょうか?

基本はスーツで間違いない

面接時は社会人としての常識として、基本はスーツを着用することが無難であり相手に対する礼儀です。これは薬剤師という職種においても然り。ただ、薬剤師はもっとも清潔感が重視される職種のひとつなので、一口にスーツと言ってもなんでもいいわけではありません。清潔感や誠実さをアピールする必要があります。

奇抜な色やデザインのスーツは避け、紺やグレー、黒などベーシックなものを選びましょう。シャツやネクタイもスーツとコーディネートするように。ただ、女性の場合は、全身黒のスーツだと重い(固すぎる)印象を与えることもあるので、ワンピース+ジャケットなども十分に許容範囲です。面接する施設がドラッグストアなのか、薬局なのか、病院なのか。事前に訪れて働いている人の雰囲気を調べ、ワンピースの色などは臨機応変にアレンジしても良いでしょう。

盛夏であるとジャケットを羽織ることも至難の業となりますが、その場合は面接直前にジャケットを羽織るか、面接の初めに「大変申し訳ありません。失礼にあたりますが、外が暑かったためジャケットを脱いでも宜しいでしょうか」とお伺いを立てても良いでしょう。汗だくで面接に挑むよりも、よっぽど悪い印象は与えないはずです。

私服でお越しくださいはどうする?

街のドラッグストアや薬局の面接においては、事前に「カジュアルな服装でお越しください」と言われることもあるかもしれません。それを鵜呑みにして普段着で面接に行くことは絶対にNGです。初めて会う人でもあるし、社会人のマナーとしても最低限襟のついたシャツやブラウスを着て、アイロンをかけたパンツやスカートを履いて行くようにしましょう。

【おまけ】絶対ダメな面接時の服装は?

いくら私服、カジュアルでOKと言われても普段着はNGだということは前述しましたが、その中でも最悪なケースがジーンズ、スニーカー、サンダル、キャップや帽子、派手すぎる服やネイル、アクセサリーです。

薬剤師として働くということは、患者さまにとってはその施設の「顔」ということになります。あなたがもし患者さまで、「薬」という人の健康をサポートする施設において、あまりにもリラックスした清潔感のない身なりの薬剤師や派手な薬剤師が登場したのならどう思いますか? 当然信用ならないな、と思いますよね。それは面接官だって一緒です。

服装でわかる、こんなこと・あんなこと

面接官は服装だけを見ているというわけではありません。服装から「人となり」「価値観」も探っています。たとえどんなにきちんとしたブランドのスーツや靴であっても、汚れやシワが目立ったら台無しです。それであれば、プチプラブランドでも汚れやシワがない方が100万倍好感を持たれるに違いません。

とくに薬剤師の世界においては几帳面さや清潔感が求められるので「汚れやシワを放置するなんてだらしない性格なのかな」と思われかねません。同様に、スーツやコートについた毛玉やストッキングの状態(穴があいていないか、安物でよれていないか、毛が飛び出していないか)などもチェックしているものなので、面接当日に慌ててクローゼットからスーツを取り出すのではなく、事前にチェックしておくようにしてください。親しい人にダブルチェックしてもらうとさらに安心です。女性なら、念のために替えのストッキングも用意しておくと良いですね。

また、服装以外でも、筆記用具やメモ帳、バッグなども意外と見られています。中には、メモ帳に書く文字までもチェックされていることも! それだけ薬剤師の世界は奥が深く、神経を使わなければならないのですね。

【男女別】スーツ選びのコツ

面接時はスーツがマナー、ということは前述のとおりですが、中には転職の面接を機にスーツを新調する人もいるかもしれません。また、複数スーツを所有していても、どれがベストなのか悩んでしまう人もいるでしょう。そんな人のために、男女別にスーツ選びのコツを伝授しましょう。

女性版

女性の場合は、スーツは黒か紺、グレー、ライトグレーが定番です。年齢を重ねた上で黒のスーツを選択すると少し重すぎる(老けて見える)ので、紺かグレーの方が若々しい印象を与えることができるでしょう。

ジャケットのサイズ感としては、ボタンがしっかり留まるジャストサイズ。極端に大きかったり小さかったりすると、シャツからブラジャーなどのインナーが透けて見えてしまったりするので要注意。スカートの丈は落ち着いた印象を与えるひざ上5センチ以内を意識しましょう。

また、パンツスーツでも問題ありませんが、使用するパンプスに合わせて丈の調節をお忘れなく。「すそ上げテープ」などでも調整できますが、転職世代でしたら十分な成人であり、今以上足が伸びることはないと思いますので躊躇なくバッサリ切断して○。

男性版

スーツの色はオーソドックスな黒か紺、グレー。仕様はシングルがお約束です。男性用のスーツは時代による大きな変化はないため、リクルートスーツでも問題はありませんが、体型の変化によりパツパツになっていたりぶかぶかになっていることもあります。そのような場合は、あまり良い印象を与えることがないので躊躇せず新調を。夏場の転職活動であれば薄手のスーツや洗えるスーツも販売されているので、この機に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

また、面接に最適な勝負スーツを既に持っていたとしても、久々のスーツの着用となるとクリーニングなどの臭いがしみついていることがあります。着る前のチェックは怠らないようにして、もし臭いが取れないようなら風通しの良いところで乾燥させる、衣類専用の消臭剤などで応急措置をする、などを心がけてください。

面接は個性をアピールする場所ではない! 服装は社会人のマナーに則ろう

面接は、新たな職場と初めて顔と顔とを合わせる重要な機会です。薬剤師の転職の場合であればその職場もドラッグストア、薬局、病院とさまざまですが、どんな職場であれ、面接での第一印象は大事です。見た目で不採用……だけは避けたいものですよね。無事に面接を突破するためには、社会人としての身だしなみを最低限おさえた上で、薬剤師ならではの身だしなみを意識する必要があります。

合言葉は、「清潔感」。面接の場で自信を持つためにも、薬剤師としての自覚を持った身だしなみを意識することが、転職成功への近道です。「久々の面接で、どんな服装が適しているのか分からない……」そんな時は、無料で相談できる転職サイトや転職エージェントに相談してみてはいかがでしょうか? さまざまな職種の転職時例を見てきた転職のプロであれば、的確なアドバイスをくれること間違いなしですよ。ただ、その際は、面接直前にコンタクトを取るのではなく、時間に余裕を持って相談することをお忘れなく!


薬剤師のための人材会社おすすめ3選

薬剤師転職におすすめの人材会社3つ

1マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師サイトのイメージ

利用者満足で5年連続No.1。
ビックリするほど支持されている薬剤師のための定番転職支援サービス。希望の条件に合う案件を豊富に紹介しています。

運営 株式会社マイナビ
求人数 48,000件以上
     

口コミをのぞいてみる

2ファルマスタッフ

ファルマスタッフサイトのイメージ

東証一部上場の日本調剤グループが運営。
ネットワークを活かした豊富な案件が魅力です。

運営 株式会社メディカルリソース
求人数 50,000件以上
     

口コミをのぞいてみる

3リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師サイトのイメージ

就職情報サービスの最大手リクナビが運営する薬剤師専門の転職情報サイトです。
勤務前の事前企業調査も人気の理由。

運営 株式会社 リクルートメディカルキャリア
求人数 50,000件以上
     

口コミをのぞいてみる